TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

手首の小指側が痛む原因にはこの疾患が多く見られます。手首の捻挫と勘違いしやすく、なかなか痛みが引かなかったり、治ってもすぐに同じ場所が痛むことがよくみられます。

TFCCとは、手首の小指側にある靭帯や、関節円板により
手首の安定感を支えている複合体のことをいいます。

TFCC損傷の特徴
外傷性損傷はテニスやバドミントンのラケットスポーツや、
野球などのスポーツに多くみられるのが特徴です。
他には、
床に手を強くついたときや交通事故などにより発症します。

腱鞘炎に似た日常生活における慢性的な痛みや、
手首を返す動作の制限や握力低下が見られます。


手首の捻挫だと思って無理に動かし続けていると症状が
悪化します。長期化すると日常生活に支障をきたすので、
症状があるのならばお早目の受診をお勧めします。