野球肘

野球によるスローイング動作、成長期の投手に多く発生するオーバーユース(使いすぎ)に起因し、投球側の肘の内側、外側、後方に
発生する投球時の痛みが主症状です。

野球肘の原因
成長期では骨や軟骨、靭帯、筋肉などが未発達なため、
体と連動した一連のスムーズな投球動作が困難です。
手投げの状態となり、肘に負担がかかり易くなります。
徐々に発症する場合が多く、慢性化しやすいため
肘の痛みが出現したら注意が必要です。

野球肘の治療
患部の安静を第一とし、投球後のアイシングも徹底します。
手首・肘・肩のストレッチ、股関節や体幹の柔軟性も必要です。
投球フォームの改善も行わなくては、再発の恐れがあります。


野球肘は癖になりやすい疾患ですが、早期に適切な処置が行われるほど、リスクを回避できます。お悩みの方はご相談ください。