変形性膝関節症

膝関節のクッションである軟骨のすり減りや筋力の低下が要因となり、炎症が起きたり関節が変形して痛みが生じます。中高年の女性に多く、50歳以降に増加します。

変形性膝関節症の症状
初期の症状は、朝起きて歩き始めた時の膝の違和感です。
立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、
しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。
中期の症状は、正座や階段の昇り降りが困難となります。
末期の症状になると、安静時にも痛みがとれず、
関節の変形が目立ち、膝が伸びず歩行が困難になります。

変形性膝関節症の原因
加齢や筋肉の衰え、肥満、慢性関節リウマチ、怪我による
骨折や半月板や靱帯損傷、などがあげられます。

変形性膝関節症の治療
一度すり減ってしまった関節軟骨は、元の形に修復されません。したがって、膝の機能を高めることを目指します。それと並行して日常生活の改善を行うようにしましょう。


適切な処置を受ければ、進行を遅らせる事が可能です。
日常生活にお困りの方は一度ご相談ください。