腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管が、何らかの原因で狭くなり
脊柱管の中を通っている神経が圧迫される事によって腰痛や痺れをおこす病気です。

50~70歳代の方々に、多く発症します。

腰部脊柱管狭窄症の原因
原因としては、すべり症により脊柱管が狭くなったもの、
成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかったもの、
外症によるもの、
加齢による病気や変性、筋力不足や
柔軟性の不足などが原因として挙げられます。

腰部脊柱管狭窄症の症状
症状としては、しばらく歩くと徐々に下肢が痺れたり重くなったり痛みが出たりして、歩くことが困難になります。

腰を掛けたり前屈みになって腰を伸ばしたりして、
「しばらく休むとまた歩けるようになる」という
「間欠性跛行」が見られるのが特徴です。

逆に腰を反らせる動作をすると痛みが強くなります。
どこが圧迫されるかによって出てくる症状も様々です。

腰部脊柱管狭窄症の治療
排泄障害など症状が重い場合は、手術が適応されますが、
症状の軽い場合は姿勢の改善と適度な運動を行い、
温熱療法で血行を改善したりします。
痛みがある場合は
安静を心がけ、コルセットを装着する事をお勧めします。


上記のような症状が見られたらお早めにご相談ください。