腰椎分離症

腰椎分離症とは、腰椎の椎間関節の間で骨が分離したもので、第4、第5腰椎の間に多く発症します。10代から壮年期の比較的若い人に比較的多く見られます。

腰椎分離症の原因
先天的に骨が弱い場合や、後天的には腰部の過労による
疲労骨折であり、発育期のオーバートレーニングによる
場合が多く、両側分離症の場合は将来、腰椎すべり症に
移行しやすいと言われています。

腰椎分離症の症状
腰椎の連結が椎間板だけとなる為に脊椎が不安定になり、周辺の靭帯や筋肉に負担がかかり腰痛をひきおこします。
体を後ろに反らしたときに腰に強い痛みを生じ、腰が重い、
ダルいなどの慢性腰痛のような痛みを感じるのが特徴です。

腰椎分離症の治療
治療方法としては一般的に保存療法が選択されています。
腰に負担のかかるスポーツを制限し、コルセットによる
固定などで腰への負荷を軽減させます。

症状が強い急性期は、アイシングなどで症状緩和に努め、
慢性期の痛みに対しては、温める事で血液循環が良くなり
痛みが改善されるので温熱療法を開始します。疼痛が軽減したら体幹のストレッチ、筋力訓練などを開始しましょう。


しっかりとリハビリし症状を改善させてから、
競技などに復帰することをお勧めします。