腰椎すべり症

生活習慣あるいは加齢などによって、腰椎を支える椎間板や靭帯、筋肉等が柔軟性を失っていき、その結果、支えのなくなった腰椎が、主に前方へ滑っていく症状です。

腰椎すべり症の原因
加齢などにより筋肉や靱帯や椎間板等の退化した場合や、
スポーツなどで腰を酷使した場合、立ち仕事が多い方や、
先天的に腰椎がずれやすい方、
などが原因となります。

腰椎すべり症の症状
腰椎すべり症は腰椎が前方にすべりだして脊髄中枢神経を圧迫するので、症状としては坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などと同一のものが現れることがあります。

腰椎すべり症の治療
治療方法としては急性期には安静が第一となります。

症状が落ち着いてきた時や慢性期においては、腰まわりの
筋肉の強化やストレッチによる柔軟性の向上、コルセットによる症状の予防等が挙げられます。


腰椎すべり症は激しい痛みがないためにそのままにして、
慢性化していくことが多いので、少しでも痛みや違和感が
あるときはお気軽にご相談ください。