椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、背骨の間にある椎間板が後方に突出した状態をいいます。ヘルニアにより神経が圧迫されると下肢痛やしびれ、筋力低下などの症状が出現します。

椎間板ヘルニアの原因
20歳代、30歳台に多くみられ、強い外力、繰り返す軽微な外力、椎間板の変性、重量物を持ち上げた時、くしゃみをした時に
発症する事や、慢性的に発症する事もあります。

椎間板ヘルニアの症状
自覚症状は、お尻や足の痛み・しびれ、力が入りにくい、
動かしにくい、などの症状が出ます。痛みやしびれは
下半身のどこにでも出る可能性があります。

椎間板ヘルニアの治療
保存療法により突出したヘルニアが戻る事はありませんが
痛みがある場合は安静にしましょう。姿勢や体の歪み、
筋力低下に注意すると発症のリスクは減らす事ができます。


普段の悪い姿勢など、背骨の歪みからくるものも多いと
されています。症状にお悩みの方はご相談ください。