坐骨神経痛

坐骨神経痛は、何らかの原因により神経が圧迫される事で痛みが生じ、臀部から大腿の後ろ側に痛みが起こります。症状が深刻になると脚の指まで痺れる事もあります。

坐骨神経痛の原因
比較的多いのが、ぎっくり腰から腰痛が慢性化したものや
梨状筋症候群が挙げられます。日常的な筋肉疲労等による
骨盤の歪みや、股関節の歪みによっても起こります。

坐骨神経痛の症状
・腰、臀部の痛み
・太ももの裏、足にかけての痛み、しびれ

・体を動かすと痛みやしびれが悪化する
・痛みのため歩行が困難になる
・足に力が入らなくなる
・足の冷え
等が挙げられます。

坐骨神経痛の治療
急性期には多くの疾患と同様に安静とアイシングです。
痛みが強ければコルセット等で固定するのも効果的です。
痛みが治まってきたら、ウォーキングやストレッチなどで
少しずつ動かし、体幹を強化して予防につとめましょう。


少しでも上記のような症状が見えたら、
症状が悪化する前にお早目の受診をお勧めします。