ぎっくり腰

重たい物の運搬や無理な動作で、
瞬間的に過度の負荷が腰にかかり、
ダメージを受けた部分が炎症を起こし
ぎっくり腰となります。

ぎっくり腰の原因
運動不足により筋肉が弱くなったことや、脊椎のゆがみや体重の増加などにより、腰にかかる負荷が増えてしまい、前かがみの姿勢や長時間同じ姿勢を保持していた後、急に姿勢を変えたときに腰を痛め、ぎっくり腰となることが多いとされています。

ぎっくり腰の症状
まず激痛が起こり、腰から下には力が入らなくなります。
その場にしゃがみこんで動けなくなってしまい、座って
いるのも苦痛になり、上半身を起こせなくなります。

ぎっくり腰応急処置と治療
ぎっくり腰になってしまった場合の応急処置としては、
横になって安静にしましょう。ここで無理に動くと、
ぎっくり腰になった事による炎症の部分を拡散させます。

次に腰を冷やします。炎症が治まるのは2~3日かかり、
炎症の熱を取り除く為、その間は患部の冷却が必要です。
また、コルセット等で腰を保護するのも有効です。


ぎっくり腰のリスクは誰にでもあります。
そのリスクを抑えるためには普段からの予防策として、
ストレッチや軽い運動を行い、腰回りの筋肉の柔軟性を
保ち、体のメンテナンスをしておくのをお勧めします。