腰の痛み

その腰の痛み、放っておいても良くなりませんよ!

・腰に重だるい違和感がある
・突然ぎっくり腰になってしまった
・重い荷物を持って腰を痛めてしまった
・慢性の腰痛持ちだから、改善をあきらめている


腰の痛みに悩む人に多い習慣・行動
・運送や介護などで、重いものを持つことが多い
・立ちっぱなし、座りっぱなしの時間が長い
・腰に負担がかかるスポーツをしている
・肥満体系で腰に負担がかかっている

これらに当てはまる方は、腰の痛みが慢性化しないように
日ごろから気を付けましょう。日常生活の何気ないクセから、
背骨・骨盤のズレ、ゆがみが腰の痛みを起こしていることが
ほとんどです。その原因の根本を治療し早期回復をはかります。

腰の痛みが悪化してしまうと・・・
腰の痛みにはいくつかの種類があり、ぎっくり腰と呼ばれる
急性の腰の痛みや慢性的な痛みがあります。特にぎっくり腰は
習慣化することが多いので、生活習慣の見直しが大切です。
慢性的な痛みを放置すると、坐骨神経痛やシビレをともない、
歩行や日常動作に支障が現れてきます。

日常生活で気をつけるべきこと
腰を支える大腰筋、腹筋、背筋を鍛えましょう。
筋肉がしっかり支えていれば、腰の痛みを繰り返すことが
少なくなります。
ぎっくり腰の経験がある人は、
急に起き上ったり姿勢を変える動作をしないように、
ゆっくりめに動くことを意識してください。

当院では施術だけでなく、ストレッチ、トレーニング、
指導、生活習慣づくりをお手伝いしています。