肘・手指の痛み

肘や手指の痛み、長引いていませんか?

・手首を動かすと痛みが走る
・腱鞘炎と言われた
・手に力が入らない、動かしづらい
・ものを持つと肘に痛みが走る


腱鞘炎
腱鞘炎とは、腱とそれを包む腱鞘の間で起こる炎症です。
炎症が起きると腱鞘の滑りが悪くなり、痛みを感じます。
「ばね指」も腱鞘炎の一つで、指が伸びなくなります。

軽いものであれば、指を動かす時に痛む程度ですが、
重度になると、痛くて指を曲げられなかったり、
動かさなくてもズキズキ痛みます。
また、末期症状になると、手術が必要になる場合もあります。

腱鞘炎になる原因は?
多くは手や指の使い過ぎです。
安静にすることで症状は多少落ち着きます。

女性に多く、仕事で手指を頻繁に使うことでもなりますが、
家事、介護、乳児の抱っこ、なども多いです。


肘の痛み
スポーツなどで、肘や手首に繰り返し力が加わったり、
急激に強い負荷が肘にかかり痛みが起こります。
肘の痛みを抱えているときは、とにかく冷やすことが重要です。
痛みが取れた後でも肘の痛みは再発しやすいので、
スポーツなどで使い過ぎた場合は、氷水で冷やしてください。

肘への負担がかかり過ぎて炎症がおきている状態ですので、
痛めた肘をなるべく使わないようにするのが一番良いのですが、
日常生活で使わなければならない場合は、バンドやサポーターで
固定すると患部の負担を減らす事ができます。


基本は安静にすることで早く治っていきますが、
手首や肘は安静にできない状況の方も多くいます。
当院では、電気治療器等を用いて患部の早期回復を目指します。