肘内障

乳幼児期に起こりやすい肘の亜脱臼です。
腕をひっぱったりすると脱臼を起こします。一度脱臼をすると癖になりやすいですが、
小学生になると脱臼しにくくなります。

肘内障の原因と症状
親と手をつないで歩いていて、幼児が急につまずいて
倒れそうになった場合や、親と違う方向に行こうした場合など、
子どもの手や腕をつかんでいる時などによく起こります。
自分で転んだ時や、寝返りした時などに起きることもあります。

状としては、腫れや赤みなどはないですが、脱臼した腕は
肘が伸びた状態で曲げられなくなり、肘を曲げようとすると、
痛みが強くなり泣き出したり、顔をしかめたりします。


肘内障は再発しやすいので経過観察も行う方がいいでしょう。
可能であれば当院へのご来院をお勧め致します。