筋肉痛

筋肉痛とは、筋肉に生じる痛みのことで、日頃運動をしておらず、たまに運動をすると起こります。筋肉を使った後、数時間後から数日後に痛みを感じ、通常は数日間で痛みが消えると言われています。

筋肉痛になる原因
原因としては、筋肉組織の損傷や炎症とされています。
激しい運動をすると筋繊維や結合組織などが損傷します。それを修復しようとブラジキニン、ヒスタミン等の物質が神経を刺激します。この刺激によって筋肉に痛みや腫れ、熱を感じる症状が筋肉痛です。

筋肉痛と年齢
筋トレや激しい運動を行った翌日は何もないのに、翌々日になってから筋肉痛が起こると「年を取ったせいだ」と、言われますが、本来筋肉痛に年齢は関係ないとされてます。

普段から筋肉をよく使っている人ほど筋肉痛が早く出て、逆に筋肉が鈍っている人ほど遅く出る傾向があります。

筋肉痛の予防
予防法としては、ウォームアップ、クールダウン、
アイシング、マッサージ、入浴などが挙げられます。


運動の後で痛みがまだない時は温めると効果的ですが、
炎症がひどいときは、冷やすようにしてください。