手根管症候群

手根管の中を走る正中神経が、何らかの原因で圧迫されて引き起こされる疾患で、指先がピリピリ痺れる、指先の感覚が鈍い、痛みは明け方に強くなる、などの症状が出ます。

手根管症候群の特徴
妊娠・出産期や更年期の女性に多くみられるのが特徴です。

そのほか、使いすぎの腱鞘炎やケガによるむくみなども同様に
正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。

急性期には、しびれや痛みは明け方に強く、
目を覚ますと手がしびれたり痛みが出ることが多いです。

軽度のものならサポーターなどで固定をし安静にしましょう。
症状がきついものだと手術が必要とされることもあります。


手根管症候群はそのままにしていると症状が悪化することが多く
痛みや痺れが強く出てしまうので、
早めの受診をお勧めします。