外反母趾

親指が小指側へ曲がる状態のことで、女性の場合は靴によるものが多いと言われますが、
子供や男性でも外反母趾になる症例がありますので、単に靴が原因だとは言えません。

外反母趾の原因・症状
歩き方のくせや体質、合わない靴による足の圧迫、筋力の低下、
など何らかの原因によって、足の親指が小指の方向に向いた状態になります。出っ張ってしまった親指の付け根が靴の内側と接触し、痛みが生じることがあります。

膝や股関節の痛み、それにより歩く姿勢が悪くなり、肩凝りや
腰痛、頭痛、むくみなどを引き起こす原因にもなります。

外反母趾の治療・予防
足底板やサポーター、テーピングをすると有効です。
足の指をグーパーする運動を行うと予防にも効果的です。


外反母趾は一度なってしまうと長期化しやすい疾患です。
お悩みの方は一度ご相談ください。