鼠径部痛症候群(グロインペイン)

サッカーなど脚をよく使う競技で発症が多く、他に陸上競技でよく見られます。
股関節前面の圧痛や運動痛、股関節の
可動域にも制限が見られます。

鼠径部痛症候群の原因
繰り返し動作によるストレスで、股関節周りに負担がかかり、柔軟性と筋力が低下し、炎症が生じ痛みとなります。

足首の捻挫、脚の肉離れ、慢性的な腰痛等がありつつも
無理に運動を続け発症してしまうケースもよくあります。

鼠径部痛症候群の治療
まず安静にすることが第一ですが、日常生活においても
股関節はよく使われるので、中々難しいところがあります
大腿や臀部、股関節周りのストレッチも必須になります。


股関節はあらゆる運動に重要な役割を担っているため、
この部分の損傷はパフォーマンスの低下に直結します。
症状が出始めの時期なら適切な治療を施せば、早期の
回復も期待できるので、お困りの方はご相談ください。