鵞足炎(がそくえん)

膝の内側には縫工筋、薄筋、半腱様筋の腱が付着しており、この付着部を押すと痛みがあります。膝周囲の筋腱と膝内側の骨との間に摩擦が生じ炎症を起こした状態です。

鵞足炎の症状
症状としては膝の曲げ伸ばしした時、患部を指で押した時
太ももの裏を伸ばすストレッチをした時などに痛みが発生し、階段の昇り降りなど日常生活にも支障をきたします。ひどくなると安静時にも痛みを感じる様になります。

鵞足炎の原因
膝の使いすぎや、負担のかかる動作が主な原因です。
鵞足部分の腱は、膝が内側に入る動作、膝から下を外側にひねる動作(ニーイン・トゥーアウト)をした時に腱と骨、または腱同士がこすれ、炎症が発症しやすくなります。

野球やサッカー、バスケットボール、ラグビー、水泳、
陸上競技などのスポーツによく見られます。

鵞足炎の治療
膝を使う運動を控えて安静を保つことで炎症を抑えます。
痛みが強い場合は、安静を保ちアイシングを行ったり、
シップなどの消炎鎮痛剤を使って炎症を抑え、
痛みが治まってきたら、大腿のストレッチングや
マッサージをして筋肉をほぐすのも効果的です。


鵞足炎は再発しやすいので、焦らずじっくり治療し
慢性化しないようにしましょう。