SLAP損傷

肩関節にある上方関節唇の損傷です。
野球での投球のほかに、バレーボール、
バドミントン等のスポーツで好発します。
手のひらを下にして腕を伸ばさせ、手を上から押さえると肩の上方に痛みが出ます。

SLAP損傷の症状・原因
投球時に肩の痛みや肩が抜ける感じ、ひっかかり感があります。野球ではボールを投げすぎたり、肩を打撲して傷めます。他部位の原因としては、体幹の筋力低下や、股関節の柔軟性の低下などが全身運動を通じて、肩関節に負担をかけます。

SLAP損傷の治療
急性期は安静とアイシングが主になりますが、損傷が大きいと、自然治癒が困難と言われています。しかし損傷部位への負担を軽減することで症状が軽快するとされており、筋力訓練やストレッチが効果的と考えられます。


SLAP損傷は放置してもなかなか改善が見られず、
慢性化してしまうのでお早目の受診をお勧めします。