上腕二頭筋長頭腱炎

野球やバレーボールなど、オーバーヘッド動作を繰り返し行うスポーツで発生します
中高年の人では、肩関節周囲炎のひとつの
症状として発生する場合も多くあります。

上腕二頭筋長頭腱炎の症状
肩関節前面や上腕部から前腕部にかけての放散痛があり、
夜間痛が強く、肩関節の運動で疼痛は出現します。

上腕二頭筋の腱は摩擦が起きやすい構造になっている為、
肩を使いすぎると、炎症が起こりやすい状況にあります。

上腕ニ頭筋長頭腱炎の治療
治療法としては、安静とアイシングが基本となります。
症状の軽いものは数日で痛みがなくなる事がほとんどですが、同じような使い方をすると再発の可能性が高いです。


炎症が繰り返し起こると、断裂に至る場合があります。
症状が軽度のうちに来院される事をおすすめ致します。