リトルリーガーズショルダー

小中学生の野球選手によく見られる症状で
繰り返す投球による外力に負け、成長軟骨が損傷されてしまうというものです。肩が痛んだり、関節の動きに違和感が出ます。

リトルリーガーズショルダーの原因
骨格が出来上がっていない子供が、無理をして運動すると発症する場合が多くあり、年齢的な疾患でもあります。
放置しすぎると、肩の動きが悪くなったり、後々に腕が短くなる。といった成長障害もあるので、注意が必要です。

リトルリーガーズショルダーの治療
投球をやめ、安静にしていく事が第一になっていきます。
肩および肩甲骨周囲の、筋力トレーニングやストレッチを行ない、可動域を広げていきます。可動域が痛みなく広がってきたら、徐々にボールをつかった練習などをしていくようにします。肩に負担がかかる場合は、正しいフォームに修正しましょう。


リトルリーガーズショルダーは、きちんと治療すれば症状は改善するので、放置せずに早めの受診をお勧めします。