インピンジメント症候群

腕を上げる動作の繰り返しにより、腱板や
肩峰下滑液包が炎症を起こし、肩の痛みや
運動制限を引き起こします。野球や水泳、
テニス、バレーなどの競技で見られます。

インピンジメント症候群の症状・原因
腕を上げ下げする際に肩関節の外転60度~120度の間で、
強い痛みや、ひっかかりを感じます。悪化すると、
筋力低下なども伴い、夜間痛を訴えることもあります。

原因としては、スポーツ等による酷使や怪我が主なものですが、骨の形成異常や、生活習慣等によるものもあるとされています。腕をよく使うスポーツ選手に発症します。

インピンジメント症候群の治療
基本的に安静第一になります。安静時の痛みが治まったら
肩甲骨周囲筋のストレッチ、筋力訓練を行います。
それと並行して、フォームの矯正も行う必要があります。


インピンジメント症候群は、我慢して放置すると、
痛みだけでなく少しずつ可動域が減少していきます。
少しでも違和感が現れたら早めの受診をお勧めします。