半月板損傷

半月板とは、膝の円滑な屈伸運動を助ける働きをし、膝関節の内側と外側に1つずつあります。その半月板が傷ついたり、断裂した状態を、半月板損傷と言います。

半月板損傷の原因と症状
スポーツ等で体重が掛かった状態で、膝関節に捻る力が
加わると半月板が大腿骨と脛骨の間に挟まれ損傷します。

症状では、膝の曲げ伸ばしの際に強い痛みが生じます。
また、半月板の断片が挟まり、膝を動かせなくなったり、
膝の中で音がしたりします。水が溜まることもあります。

半月板損傷の治療
損傷が高度の場合は、断片の摘出手術が主に行われます。手術を行わない場合は、膝周囲の筋肉の柔軟性を保つことや膝周囲の筋力トレーニングが効果的です。


損傷の状態によっては放置すると、さらに関節軟骨を
傷めることもあります。膝に違和感や痛みがある場合は
お早目の受診をお勧めします。