ランナー膝(腸脛靭帯炎)

腸脛靱帯炎は膝の屈伸運動を繰り返すことによって、腸脛靱帯が膝関節の骨とこすれ
炎症を起こし痛みが発生します。マラソンなどの長距離ランナーに好発します。

ランナー膝の原因・症状
主な原因としてはオーバーユース(使い過ぎ)ですが、
ウォーミングアップの不足、走行距離や時間、フォーム、
筋力、柔軟性など、さまざまな要因があります。

症状としては、膝の外側に圧痛が存在します。
初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失
します。
しかし、ランニングを続けていると次第に痛みは
増強して、簡単に消失しなくなってきます。

ランナー膝の治療・予防
まずは局所の安静、ランニングの休止が重要です。
次に、ストレッチの強化とアイシングを徹底します。
ストレッチは、大腿筋膜張筋や大臀筋、大腿四頭筋、
ハムストリングス、腰を中心にしっかり行いましょう。


いったん症状が出現すると、簡単には消失しないので、
発症初期の適切な休養期間が大切です。
早期に治療を行うと競技再開も早くなります。
無理するのではなく、早く治療する事
をお勧めします。