ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

バレーボールやバスケットボールなどで
ジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、
走る動作を繰り返したりするスポーツに
多くみられる、膝のスポーツ障害です。

ジャンパー膝の原因・症状
12~20歳。特に10代の男性に多く発症します。
膝関節の屈伸動作を、頻繁に繰り返すことにより発生し、
大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つに挙げられます。
運動時、膝前面に痛みと熱感が起こり、腫れを伴います。

ジャンパー膝の治療と予防
運動に支障をきたす痛みがあれば、運動休止が必要です。
運動中はサポーターやテーピングなどで保護します。
大腿前面のストレッチとアイシングを徹底しましょう。


治療を怠ると慢性化の原因にもなります。
痛みのある時は安静にしてお早目の受診をお勧めします。