オスグッド病

小学校高学年から中学生の運動をする子供に発症し、膝のお皿の下部分に膨らみが出て、その痛みにより、走る・ジャンプする等の運動が制限されてしまう病気です。

オスグッド病の原因
男子に発症することが多く、ジャンプやダッシュが繰り返されるバスケットボール、サッカー等で多く見られます。

成長期の子供は急速に骨が成長しますが、その骨の成長速度に筋肉や腱の成長が追いつかない事が原因の一つです。
運動・スポーツをし続けていると、膝回りの筋肉の付着部分が引っ張られ、膝下の骨が膨らんで痛みが出ます。

オスグッド病の治療
治療法としては、安静が第一になります。
炎症がある場合はアイシングも必要です。

痛みが治まってくると、大腿前面のストレッチを行います。
サポーターやテーピングをすることにより、患部にかかる負荷を軽減することが一般的には挙げられます。


お子様が少しでも膝に違和感や痛みがある場合は
お早目の受診をお勧めします。