ストレッチ

怪我の予防やケアには必須とされており、筋肉の柔軟性を回復することは重要です。不安部位がある場合は、ストレッチを入念にする必要があります。また日常生活においても運動不足が起因の肩こりや腰痛などの改善にも効果があるとされています。

ストレッチの種類
スタティックストレッチ

体を静止させ反動を使わずに、無理のない程度に筋肉が
伸ばされた状態を保持(15~60秒間)する方法です。
痛みを感じない程度でゆっくりと行うようにしましょう。

競技前にスタティックストレッチを多用すると筋肉が
弛緩し、力が発揮しにくくなるといわれています。

ダイナミックストレッチ
動きの中で腕や足などをいろいろな方向に回すことで、
関節の可動域を広げるストレッチ方法です。

体が温まってから、過度な反動を使わずに行います。
動かす関節や筋肉を意識し、左右どちらも行いましょう。

バリスティックストレッチ
ダイナミックストレッチの一種で、反動を使うストレッチです。最初は小さく少しずつ動きを大きくしていき、最終的には関節の可動範囲いっぱいに動かすようにします。

傷害のある部位に対しては、痛みを再発させるおそれがありますので、このストレッチ方法はオススメできません。

PNFストレッチ
主に2人がペアになって、筋肉に対して抵抗をかけ、
その後ゆっくりと伸ばしていくストレッチ方法です。
力強く行うと関節や筋肉を傷める原因となります。

クライオストレッチ
アイシングとストレッチを組合わせるストレッチ法です。
アイシングをした後は痛みの感覚が軽減されているため、
その状態でゆっくりとストレッチさせるようにする事で、
関節可動域を出来るだけ確保する事を目的として行います。

ストレッチをする場面
運動前は身体を動かしながらストレッチしていきます。

ランニング等と並行して行っていくことが望ましいです。

運動後は疲労した状態なので、体をリラックスさせる為に、座ってストレッチを行うのが良いとされています。

普段の生活で行うときは、入浴後を心がけましょう。血流も良くなり、温まっているのでより効果が高くなります。


ストレッチをする際は、深呼吸をしながらするとよいです。
ちょっとした合間に行う場合は、いきなり伸ばさず、
少しずつ体を慣らしていくようにしましょう。

日常生活にうまく取り入れることにより、生活習慣の改善
にもなるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。