シンスプリント

陸上競技の中・長距離選手やサッカー、
バスケットボールなど走ることの多い競技にみられ、疲労がたまったときに発症しやすく、スネの内側に痛みの起こる障害です。

シンスプリントの原因・症状
オーバーユース(使い過ぎ)によるものが多く、繰り返しの
ランニングやジャンプを行った場合に発症しやすい障害です。

股関節・膝関節・ふくらはぎ・足関節の柔軟性低下、運動時間、
運動内容、硬い路面、過度の運動量、などが発生の原因です。

シンスプリントの症状としてはスネの内側、下1/3に痛みが
発生し、運動時痛、うずくような鈍痛を感じます。

シンスプリントの治療と予防
急性期は局所の安静、アイシング、が基本となります。

予防法としては、ストレッチ、マッサージ、アイシング、
筋力強化、フォームや姿勢の矯正、などが挙げられます。

自発痛が消失したらウォーキングなど負荷の軽い運動から
再開し、痛みがなければ徐々にランニングに移行していきます。

急激に練習量をふやすと、再発しやすいので注意しましょう。


症状の程度が軽いと、動けてしまい悪化することが多いので、
少しでも症状や違和感が現れたら早めの受診をお勧めします。