むちうち

むちうちになる最も多い原因は自動車の追突事故です。軽い事故であれば受傷直後は異常が認められなかったり、自覚症状も無かったのに、2~3日後から痛みが強くなります。

むちうちの様々な症状
首の痛み、頭痛、肩こり、手足のシビレ、めまい、
だるさ、倦怠感、吐き気、膀胱傷害なども出ます。

頸椎捻挫型
頸椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、
むちうち症全体の70~80%をしめているとされています。
首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。
また、首や肩の動きが制限されることもあります。

根症状型
頸椎の並びに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。
首の痛みの他、腕の痛みやシビレ、だるさ、後頭部の痛みなどが
現れます。首を横に曲げたり、回した時に痛みが強まります。

バレ・リュウ型(後部交感神経症候群)
頸椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、
めまい、吐き気などの症状が現れると考えられています。

むちうちの治療
最初の1~2週間は安静にし、アイシング等で炎症を抑えるのが
よいです。痛みが強い場合はコルセットなどで固定も必要です。
痛みや運動制限などの症状が治まってきたら、首や肩を大きく
ゆっくりと動かす運動やストレッチングを行います。
運動を始めると、血液の循環が促されて回復が早くなります。

いつまでも安静や固定を続けると、関節や筋肉が硬くなったり、
筋力が低下して、肩こりや頭痛を引き起こす事があります。


むちうちは放っておくと、生活に支障をきたすことが多いので早めの受診をおすすめします。
交通事故で受傷した場合は、ご相談ください。