ばね指

ばね指とは腱鞘炎の一種です。親指に多い
ですが、他の指にも起こることもあります。
指を使いすぎたり、重たいものを持ったり
することで起こります。

ばね指の症状
指を伸ばそうと思っても、引っかかる感じで伸びなかったり、
指を曲げた際に、急にがくっと曲がってしまう症状もあります。
悪化すると、関節を動かせない状態にまでなることもあります。

ばね指の対処法
なるべく手を使わず安静にしているのが一番です。
手作業後に痛みが強い場合は、すぐに冷やすとよいでしょう。
逆に暖めるのは、手作業などの後、時間が経過した場合や、
作業前などに温めると効果があると思われます。

この場合は手だけでなく、前腕の筋肉も温めると効果的です。

ばね指予防法
同じ部位に継続的な負荷をかけないようにすることが
大切になります。
仕事で指を良く使用する人は途中で、
休憩をはさむようにしましょう。 ストレッチなどを心がけ、
腱鞘炎が慢性化しないように注意することが大切になります。

ばね指は、症状が長期化しやすいので
お早目の受診をお勧めします。